レーザーポインターを 日本国内で販売する為には、様々な適合性基準をクリアする必要があります。 消費者の安全を守る為のルールですから、そこに開発コストをかけるのは当然です。しかし、消費者の安全を守ることにコストをかけずに、ルール(法律)を破 り、失明するほどの高出力(強力)なレーザーポインターを平気で販売している業者はたくさんいます。
レーザーポインターの危険性を知らずに安価なレーザーポインターを購入して使用することは誰も得をしないどころか、取り返しのつかないことになる危険性もあるのです。 消費生活用製品安全法の意義を理解し、安全で高品質な製品を使用することが求められます。

超高出力レーザーポインターは安全性を考慮して、レーザー放出機能は維持してはいけないことになっております。
スイッチにすると手を離しても常時レーザー照射が可能になり便利ですが、法的には販売できません。このような便利さをアピールしている製品はPSCマークを取得していない可能性が高いということになります。
以上を踏まえますと、危険なレーザーポインター(PSCマークを取得していない)は下記のように考えられます。失明するほどの危険性のある高出力(強力)なレーザー光をアピールしている品質と検査(安全性)にコストをかけていない、相場とかけ離れた激安商品緑色レーザー 激安の放出維持機能(スイッチ)を有している

注意:
●人や動物に向けて照射しないでください。
●他人の住居や会社に向けて照射する等、人の迷惑かけるような行為はしないで下さい。
●車や飛行機といった乗り物に向けて照射しないでください。
●必ず幼い子供の手の届かない場所に置いてください。万が一のため、子供には触らせないで下さい。
●いくつかの高出力レーザーポインターは、重要な熱効果になり、特に温度に敏感な固体レーザのため、長時間連続して使用するとレーザーポインターに損傷を引き起こす可能性があります。ご使用の際にご注意下さい。

http://www.wholesalejp.com/c-3/p-1095.html

http://www.wholesalejp.com/c-3/p-1519.html





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています